資格英語

TOEIC® TEST

TOEIC対策レッスンの概要

レッスン開始時に、判定テストを受けて頂き、ウィークポイントを把握します。受講生のレベルに応じて、語彙力や文法事項などの基礎レベルから、短時間に解答する技術の習得を目指す上級レベルまで、個別指導により効率よく、丁寧にご指導します。たくさんの演習問題を解くことにより、TOEICのパターンや解き方のスキルを身につけます。

TOEFL® TEST

TOEFL®とは、Test of English as a Foreign Language の略称で英語を母国語としない人たちのための英語能力試験(proficiency test)です。
主にアメリカ合衆国やカナダの短大、大学、大学院に留学を希望する人が受検しますが、国内の大学や大学院を受験する際に、必要になることもあります。膨大な長文を解釈する能力、多量でレベルの高い語彙力、留学先の大学の授業が理解できるリスニング力が必要とされます。
TOEFL®受験の準備には、相当な意思力と学習が要求されますが、目的とする大学等の留学を実現し、実りの多いものにするためにはTOEFL®の学習は必要不可欠です。

着実な得点アップのためには、英検で言えば、準1級もしくは1級レベルの英語力が必要とされます。
満足のいくスコアの獲得のためには、余裕のある準備期間を設定することをお勧めします。 もし、大学受験の英語や英検2級の勉強を経験されていない場合は、一気にTOEFL®の学習を始めるのではなく、まず 英検2級、もしくは 準1級を取得したほうが、基礎力の養成やモチベーションのために良いと思われます。
また、アメリカの大学の授業を受けられる英語力の判定を行う試験なので、歴史や、科学、地理などの知識も必要とされます。高校生の皆さんは、学校での授業科目もきちんと勉強することをお勧め致します。

TOEFL®対策レッスン概要

TOEFL®の受検は、コンピュータのインターネットを使用して解答するiBT(アイビーティー、Internet-Based Testing、TOEFL® iBT)形式で実施されます。 しかし、基礎力の構築段階では、講師と1対1、もしくは、1対2の個別指導で、テキストやCDを使い学習するほうが、理解しやすく効果的です。 アレクサンダー英会話では、語彙力と文法を含むリーディング、リスニング、ライティングを受講生のレベルに合わせた総合的な個別カリキュラムに沿って指導します。スピーキングに関しては、英会話レッスンもあわせて受講されることをお勧めします。

TOEFL®レッスン対策の講師

TOEFL®レッスンは、日本人講師が担当します。基礎力を養成する場合には、やはり、和訳が必要です。また、解説や質問にも日本語で丁寧に詳しく行われます。TOEFL®iBTで90点程度のスコアを取得されている方には、ネィティブ講師をお勧めします。

英検(実用英語技能検定試験)

「読む」「書く」「話す」「聴く」の英検は4技能を適切に測定するために、一次試験で筆記試験とリスニングテストを、二次試験で面接形式によるスピーキングテストを実施しています。 4級と5級は一次試験だけで合否を判定し、1級~3級は一次試験を合格した人が二次試験を受検し、その二次試験によって最終的な合否が判定されます。最近、英検の受検者が増加し、低年齢化しています。アレクサンダー英会話は準会場として、毎回、幼児から成人までが受検し、英検協会からも表彰されています。

英検対策レッスンの概要

準1級までのレッスンを行っています。英検の演習問題に入る前に各級のレベルの文法や長文問題を学習するので、学校英語や受験英語の準備にもなります。また、最近導入された3級以上の自由英作文は多くの人が苦手としています。アレクサンダー英会話では、ひとりひとり添削して指導しますので確実に実力がつきます。英検取得後、高校受験や大学受験の準備にスムーズに移行できるのもこのためです。特に、大学受験、TOEIC® TEST、TOEFL® TEST の受験を希望する際は、基礎固めをし、ハイスコアを目指すために、まず英検2級の取得をお勧めしています。英検2級の内容は、興味深く、語彙力や文法力を身に着けるのに最適です。英検プラス英会話のレッスンを選択することにより、英会話やリスニングの能力を維持向上することができます。アレクサンダー英会話は、英検の準会場となっていますので、受講生でなくても英検が受検できます。

IELTS®

IELTS(International English Language Testing System)の特徴

IELTS(アイエルツ)は、海外留学や研修のために英語力を証明する必要のある方、およびイギリス、オーストラリア、カナダなどへの海外移住申請に最適なテストです。イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドのほぼ全ての高等教育機関で認められており、アメリカでも TOEFLに代わる試験として入学審査の際に採用する教育機関が3,000を超え、英語力証明のグローバルスタンダードテストとして世界中で受験者が増え続けています。
(参照元を一部抜粋しています。http://www.eiken.or.jp/ielts/merit/

クラスの雰囲気・・・? まずは、無料体験レッスンへ!